藝苑千禧

art garden millennium

『長津湖之水門橋』

『長津湖』の続編です。 続編の監督はツイ・ハークだけになったのね。(陳凱歌とダンテ・ラムは監修だけのクレジットになってる)そういわれてみれば画面が実にツイ・ハークだった気がする。なにやら戦闘ゲームのワンシーンのような絵とか。戦争映画にだって…

『長津湖』

映画『長津湖』を見ました。日本未公開。 陳凱歌(チェン・カイコー)、徐克(ツイ・ハーク)、林超賢(ダンテ・ラム)の大御所3人が共同監督として制作。「中国勝利三部曲」(「中国医生」「長津湖」「無名」)の一つです。 『長津湖』(英題:The Battle a…

易烊千璽『後座劇場』:物語へと昇華される記憶

易烊千璽のアルバム『後座劇場』は 2020年11月28日(千璽の二十歳の誕生日)にリリースされたもの。(2年も前のものだけど、私は今ハマったので全て後追いなのよ)収録楽曲は往年の名曲なので、カバーアルバムではあるのですが、全編が「劇場で上映される一…

易烊千璽の軌跡

昨晩、過去のネットニュースを探ってたら、こんな記事を見つけました。 www.recordchina.co.jp 『送你一朵小紅花』で千璽と共演した劉浩存(リウ・ハオツン)が、インタビューで「易烊千璽は努力型」と言ったことで、遠回しに「才能がない」と発言したと受け…

『送你一朵小紅花』(A Little Red Flower)

映画『送你一朵小紅花』(A Little Red Flower)を見ました。 2020年の中国大陸作品。日本未公開。監督:韓延(ハン・イエン)主演:易烊千璽(イー・ヤンチェンシー)、劉浩存(リウ・ハオツン)朱媛媛(ジュー・ユエンユエン)、高亜麟(ガオ・ヤーリン)…

『少年の君』(その3)

映画『少年の君』の感想、3回目です。 今回は、脈絡なくこまごました小ネタを書きました。といっても、映画の細かな考察はとても楽しいところ。いろいろと掘り下げて妄想しております。日本語字幕版ではセリフの正確なところがわからなくて(音声で聞き取れ…

『少年の君』(その2)

前回も書きましたが、この作品は、脚本、映像、演技、どれをとっても水準が高く、心に残る傑作です。見る前は、いじめや受験戦争、格差社会に生きる若者たちの苦悩を描いた暗い映画なのかなぁと勝手に想像していたのですが、全然違いました。こんなに愛おし…

『少年の君』(その1)

映画『少年の君』に関してちょっと書いてみたら収拾がつかないくらい書きたいことが多いことに気づいたので、3回に分けてUPします。それでも長いが(汗)。3回に分けた1回目(このエントリね)は、この作品を語るうえで避けては通れない二つの問題点について…

易烊千璽にオチた話

映画『少年の君』を見ました。『長安二十四時』に激ハマりして、李必に夢中になった私は、中の人である易烊千璽(イー・ヤンチェンシー)の他の作品も見てみようと思ったのです。大好きな李必のイメージが壊れたら困るなぁって、ちょっと心配しつつ、聞きか…

『長安二十四時』完走

とうとう終わってしまった。怒涛の二十四時間(全48話)を駆け抜けました。終幕は心に残る名シーンでした。最後の一言に滂沱として去り行く者たちを見送りましたよ。 ああ…明日から私はどこへ行ったらいいのでしょう…。心がポカーンと宙に浮いている。李必と…

子狐道士の愛らしさ

『長安二十四時』には魅力的な登場人物がたくさんいるのですが、中でも私がお気に入りなのは、靖安司丞の李必です。 コスプレしたいくらい好き。コスプレ…やったことないですけどね。あ、学生時代に坂本龍馬に憧れて剣道部に入ったってのはありました。あれ…

『長安二十四時』~子の刻まで

ゆっくり見るだのなんだの言いながら、次が見たくてたまらず…あっという間に子の刻(第36話)まで行ってしまった(汗)。 あーー止まらない!見てるこっちもノンストップ。ここに来るまで、「この人はいなくならんで欲しい…」と思っていた人が退場してしまっ…

引き続き長安におります

『唐磚』を見終えた後、心はまだ長安に残っていて、帰りたくないなぁと思ったので、また唐の時代を舞台にしたドラマを見始めました。『長安二十四時』です。原題は『長安十二時辰』。 日本版キャッチコピーは「タイムリミットは24時間!爆破テロから長安を救…