藝苑千禧

art garden millennium

【阿瑪尼】アルマーニ・ビューティー:フレグランスの誘惑

こちら↓でも書いたように、

yiyuanqianxi.net

千璽が代言人をやってるという理由で、宝格麗(ブルガリ)の香水「オムニア アメジスト」を使っております。

すごく気に入ってるのですが、気づいたら、千璽ってば新しくアルマーニの香水のCMをやっているではないの。
え?え?なんで他社の香水すすめてるの?かぶってるじゃん…と、戸惑いつつ、あらためて確かめたら、ブルガリの代言人は2020年の1年間だけで終了しておりました…

あちゃー、知らんかった。
とっくにCM降りてるのに買っちゃったんだな、私。後追いファンだとこういうところ勘違いしがち(いや、アンタがそそっかしいだけ)。

千璽はブルガリの代言人を降りた翌年に、アルマーニ・ビューティーの代言人になっておりました。そういえば、アルマーニの香水のCMやっているのを前にも見たような気が…(汗)。こういうのって基本、被らないものですからね。その時、気づくべきでした。クリームだの化粧水だの買ってるのにも関わらず、そこに気づかないマヌケぶり。

化粧品系とのアンバサダー契約は、今のところアルマーニ・ビューティーだけです。
アルマーニエンポリオアルマーニのファッション系と、こちらのビューティー系の2つのアンバサダーを務めているから、かなり可愛がられているのではないでしょうかね。

千璽がおススメしているとなると欲しくなってしまうという、CM効果抜群な私。(いや、ジャンルが化粧品だからですけどね。もともと好きなので。)気になり始めてしまったら最後、これはもう試してみないわけにはまいりません!

…というわけで、推しの推し商品を購入してみました。

www.armanibeauty.jp

アルマーニプリヴェ」の「ベチバー ディベール オードトワレ」です。

なにやら重厚なBOXにうやうやしく収まっております。かなりサイズ感が大きくてなかなか長持ちしそう。お高かったですが、コスパ的には良さそうです。

代言人買いなので、香りも確かめずに買っちゃってますが、それがまたブラインドボックスを開けるような気分で楽しいのです。届いた後に初めてその実態を知る、というね。
もうこれ、千璽が代言人やってるから、っていう全面的な信頼の上に成り立ってる感覚ですからね。何が来ても受け入れる、っていう…推しの影響力って絶大だな(汗)。
もともと私は香水好きで、気分転換にいろんなの試すタイプなんで柔軟性はある方です。受けて立つ気は満々ですw多かれ少なかれフレグランスには一長一短あり完全に、100パーセント受け入れられるものなんて、そうそうないものです。

私にとってその数少ない永久定番フレグランスはヴェルサーチの「ヴェルセンス」。これは何が来ても譲れない「私の香り」なのですが、これ以外のあらゆる香りは、常に冒険です。その道のりが平坦か険しいかの差があるけれど。

アルマーニプリヴェ:ベチバー ディベール」は、アルマーニの公式サイトの説明で“寒冷地の大地の恵みを想起させるベチバーの香り”と表現されています。
「寒冷地の大地の恵み」って文字列が醸し出す印象がすごく好きなんだけどどうなんだろう。
香調はウッディシトラス、主香料はベチバー。
ベチバーってのはイネ科の植物で、香料は根っこからとります。香料に詳しい「生活の木」さんのサイトでは、「暗く、湿り気と少しの焦げ感、ウッディーでアーシー、濡れた土壌の香り」とされ、「少し陰気な香りで、この香りと向き合うことは自己の内面と対峙することにつながる」と、アロマテラピー的見地から解説されていました。不眠や精神的な疲労にもよく効くそうです。
詳しくはこちら

www.treeoflife.co.jp

おお…ベチバーって、千璽のイメージにピッタリな気がしてきました。期待値、爆上がりです。

さて、実際につけてみた感想はといいますと…
表現するのが難しいですが、自分の感性の中で、今まであまり受け入れてこなかった種類の香りでした。正直なところ、ハードルが高いです(汗)。
第一印象は「うわぁ、大人!」って感じ。いいかげん自分も大人だけども。
ずいぶんと落ち着いた雰囲気をもった香りです。野性味があるけれども底堅く、華やかな明るさはほぼ無くて、静かに重い…そう、確かに冬のイメージですね。冬の曇天の森の中、といった感じです。微かに底の方に白檀のようなお香の匂いもする。
自分に合うとは思えない香りのような気がしました。

けれど同時に、これを「あえて」つけることに、意味があるかも、というような気が凄くしたのです。そう考えたら、ワクワクしてきました。
例えば、今まで着たことのない服、自分のキャラじゃないと思ってたファッションにあえて挑戦すると、違う世界が見えてきそうな気がして高揚する…みたいな感じです。

香りひとつでモノを感じる感覚も変わりますので、実はかなりな冒険ともいえます。こういうのもフレグランスの楽しみなのです。新たな季節、ちょっとしたチャレンジに、ときめいております!

CM動画

www.youtube.com

千璽の営業トークの中身は…

岩蘭草(ベチバー)には、私の想像する純粋さと力強さがあります。

香りというのはある種、とても主観的な感覚だと思います。
それは現在の状況や感情を表現することができるから。
私が特に好きな香りは、自然の中にある本物の息吹を表現するものです。
プリヴェ・フレッシュコレクションは、よりナチュラルな純粋さを感じることができます。
ベチバーはエルミタージュのように、永久凍土の匂いがわずかに漂います。
寒さの中にある活力と強さ。そしてしっかりと暖かい。
岩蘭草(ベチバー)には、私の想像する純粋さと力強さがあります。
アルマーニ オートクチュール フレグランス「フレッシュシリーズ」
天と地をめぐる自然の息吹です。


付記:
アルマーニ・ビューティーは、「Acqua for Life」 の活動をしています。

Acqua for Life は水の存在が生命の維持にもっとも重要な要素であるにも関わらず、世界で9人に1人が清潔な水にアクセスできないという事実のもと2010年に設立されました。
清潔な水へのアクセスはコミュニティにおけるにとびとの健康と暮らしをサポートし、社会経済に貢献します。このAqcua for Lifeプロジェクトのミッションは、人々の清潔な水や衛生設備をもとめる声を伝え、支援することです。(公式サイトより引用)

https://www.armanibeauty.jp/our-commitments/acqua-for-life/